重要事項説明書の法律的役割

不動産の取引は日本の法律、つまり民法によって定められておりそれにそって不動産の売買、賃貸が行われているのです。そのさいよく聞く用語として重要事項説明書というものがあります。これは不動産の仲介業者が買い手側にその物件の状況を民法の規定にそって説明しなければならないことなのです。重要事項説明がされなかった場合にはその不動産取引は取消することができるものであり買い手側を保護するために法律で重要事項説明を規定しているのです。不動産の売買、賃貸の際にこれがない場合には不動産業者に問い合わせる必要があります。

重要事項説明書という不動産用語

不動産用語のひとつに重要事項説明書というものがあります。重要事項説明とは宅地建物取引法という法律によって定められているもので、宅地や建物などの売買契約を行う際にその物件とその取引についての重要事項を説明しなければならない決まりになっています。これは契約が締結された後に何らかのトラブルが発生した際に、水掛け論が繰り返されるのを未然に防止するのが目的となっています。そのため、宅地や建物などの売買契約が行われるにあたっては、法律に則って売買契約の当事者に対して重要事項説明書に取引主任者の記名押印をしたうえで文書として交付し、口頭での説明をしなくてはなりません。

法律用語に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 重要事項説明書と法律とは All rights reserved